47NEWS >  ニュース >  動画ニュース >  白夜に響く除夜の鐘  昭和基地 餅つきで年の瀬

白夜に響く除夜の鐘

昭和基地 餅つきで年の瀬

南極の昭和基地では、昨年末に接岸した観測船「しらせ」からの物資の輸送が続いた。食料や観測機器などが入った大型コンテナなどは、雪上車などで運ぶ。大みそか、昼すぎまでにほとんどの輸送作業が一区切りし、年越しのため一部の隊員は「しらせ」に戻った。元日は唯一の休日。越冬隊員たちは部屋に鏡餅や門松を飾り、餅つきも行われた。かけ声で年越しムードを高める。昭和基地は11月20日ごろから約2カ月、太陽が沈まない白夜となる。2017年が明けると、切断されたガスボンベが登場。昭和基地の〝除夜の鐘〟だ。柔らかい光に包まれながら、隊員たちが次々に鐘を突い ていた。

2017年01月06日

人気の動画

共同通信

参加新聞社