47NEWS >  ニュース >  動画ニュース >  世界最古の釣り針出土 沖縄・サキタリ洞遺跡

世界最古の釣り針出土

23,000-year-old fishhook, among world's earliest, found in Okinawa

沖縄・サキタリ洞遺跡

沖縄県立博物館・美術館(那覇市)は19日、同県南城市のサキタリ洞遺跡から、世界最古となる約2万3千年前(後期旧石器時代)の釣り針が出土したと発表した。巻き貝製で、旧石器時代の漁労具は国内でも初の発見。同館は「陸上での狩猟が中心と考えられていた旧石器時代の新たな一面がうかがえる貴重な資料だ」としている。

A 23,000-year-old fishhook, considered one of the earliest in the world, has been excavated in Japan's Okinawa Prefecture, local researchers said on Sept. 19, 2016. The researchers have identified its age by radiocarbon dating of charcoal contained in the layer from which the 1.4-centimeter-long, crescent-shaped hook made of sea snail shell was found. The world's oldest fishhook found so far was discovered at the Jerimalai site in East Timor. However, the age of the hook, also made of shell, is identified as made from 16,000 to 23,000 years ago.>>TO ORDER

2016年09月20日

関連動画
赤や黄色、山肌染める
ブラインドサッカーで交流
「柔道の祖」銅像を建立
銀座プレイスが開業
TAKAHIROさん就任
愛之助さんと紀香さん挙式
福原選手が結婚を報告

最新動画
乗り物の共演楽しむ
ロシアからも参加
山肌彩る紅葉絵巻
人気の動画

共同通信

参加新聞社