47NEWS >  ニュース >  動画ニュース >  五輪夢見て極限の挑戦 トライアスロン 中山俊行さん

五輪夢見て極限の挑戦

トライアスロン 中山俊行さん

中山俊行さん(55)は鉄人レースといわれるトライアスロンが日本に登場した頃から競技を引っ張り「ミスター・トライアスロン」と呼ばれた先駆者。1983年に本場ハワイの大会に初出場し、85年の大学卒業と同時にプロとして活動。同年始まった国内レース、宮古島と天草国際で初代王者となった。第一人者として世界選手権は第1回の89年から現役を引退する96年まで出場。五輪は2000年シドニー大会が初採用だったため出場できなかった。指導者として引退後は日本代表監督などを歴任、現在は日本トライアスロン連合で20年東京大会へ向けた五輪対策チームリーダーを務める。

2017年10月20日

人気の動画

共同通信

参加新聞社