47NEWS >  ニュース >  動画ニュース >  新横綱稀勢の里が土俵入り 明治神宮、観衆1万8千人

新横綱稀勢の里が土俵入り

1st ring-entry ceremony of Kisenosato

明治神宮、観衆1万8千人

大相撲の第72代横綱に昇進した稀勢の里関(30)=本名萩原寛、茨城県出身、田子ノ浦部屋=が27日、東京都渋谷区の明治神宮で、約1万8千人の大観衆の前で奉納土俵入りを行った。3代目若乃花以来19年ぶりに日本出身の新横綱となった稀勢の里関は、太刀持ちに小結高安関、露払いに幕内松鳳山関を従え、せり上がりで左手を脇腹に当てる雲竜型を披露。三つぞろいの化粧まわしは元横綱初代若乃花が使用したものを借りた。

New yokozuna Kisenosato performed his first ring-entry ceremony on Jan. 27, 2017, before a large crowd of around 18,000 at Tokyo's Meiji Shrine. "I'm relieved it ended without trouble," the 30-year-old said after making his ceremonial debut as yokozuna. "I came with a sense of gratitude and wanted everyone to see powerful figure. I focused on being relaxed, making myself big and carrying it out with strength.">>TO ORDER

2017年01月27日

>>[記事全文]

最新動画
アートや演奏満喫
秋晴れに黄金の実り
人気の動画

共同通信

参加新聞社