47NEWS >  ニュース >  動画ニュース >  マスコット選考で検討会議 五輪、透明性や参画重視

マスコット選考で検討会議

五輪、透明性や参画重視

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は13日の理事会で、大会マスコットの選考方法を協議する検討会議をつくることを報告した。このほか合わせて10を超える項目について報告や決議を行った。マスコットの選考は、白紙撤回した大会エンブレムの選考が不透明だと批判を浴びたことを踏まえた。この日の理事会では、森喜朗会長が冒頭で、競技会場のある自治体や東京都との間で費用負担の調整が進まない状況に対する懸念を示した。終了後の記者会見では、室伏広治スポーツ局長がアスリート委員会の活動について報告。リオデジャネイロ五輪・パラリンピックの日本選手団に選手村や食事などについて行ったアンケート結果を発表した。

2016年12月14日

>>[記事全文]

人気の動画

共同通信

参加新聞社