47NEWS >  ニュース >  動画ニュース >  東芝1カ月遅れで報告書提出 半導体売却は3陣営と交渉

東芝1カ月遅れで報告書提出

半導体売却は3陣営と交渉

経営再建中の東芝は10日、2017年3月期決算の有価証券報告書を関東財務局に提出した。提出は法定期限から1カ月以上遅れたが、PwCあらた監査法人から「限定付き適正意見」を受領し一定の「お墨付き」を得られた。東芝の株式は現在、東京証券取引所市場第2部で取引されているが、上場廃止の危機はひとまず回避した。17年3月末の債務超過額は5529億円に確定した。都内で記者会見した綱川智社長は、債務超過を解消して上場を維持するための半導体子会社売却について、優先交渉先の「日米韓連合」以外に、米ウエスタン・デジタル(WD)や台湾の鴻海精密工業の陣営とも交渉していると公式に認めた。

2017年08月10日

>>[記事全文]

人気の動画

共同通信

参加新聞社