47NEWS >  ニュース >  動画ニュース >  農業用水に汚染水340トン 原子力機構が計画了承

農業用水に汚染水340トン

Radioactive water dumped into farm-use river

原子力機構が計画了承

日本原子力研究開発機構が発注した除染モデル実証事業(2011~12年)で、中堅ゼネコンの日本国土開発(東京)が福島県南相馬市で生じた汚染水340トン(同社推計)を、農業用水に使う川に流していたことが11日、共同通信の調べで分かった。原子力機構は、川に流すことに触れていない国土開発の計画書を了承、地元に提出していた。

JDC Corp., a medium-sized general contractor, discharged 340 tons of radiation-contaminated water into a river for agricultural water in Minamisoma, Fukushima Prefecture, following the March 2011 nuclear disaster, JDC sources say July 11, 2013. But officials of relevant local governments complained they had been left unaware of the action.>>TO ORDER

2013年07月12日

>>[記事全文]

人気の動画

共同通信

参加新聞社