47NEWS >  ニュース >  動画ニュース >  中華航空機が30分立ち往生 成田空港、誘導路に

中華航空機が30分立ち往生

成田空港、誘導路に

20日午後3時半ごろ、成田空港のA滑走路で、台北行き中華航空101便エアバスA330(乗客乗員266人)が離陸滑走の直前、前輪を左右に動かすステアリング装置に異常が発生したと、パイロットから管制官に連絡があった。同機は滑走せずに誘導路まで進み、約30分間立ち往生した。中華航空が原因を調べている。

2017年07月20日

人気の動画

共同通信

参加新聞社