47NEWS >  ニュース >  動画ニュース >  水空両用ドローン開発進む 徳島大、川底や生物調査に

水空両用ドローン開発進む

徳島大、川底や生物調査に

飛ぶだけでなく水に潜ることもできる水空両用の小型無人機「ドローン」の開発を、徳島大大学院社会産業理工学研究部の三輪昌史准教授の研究室が進めている。ダムの老朽化や水中生物の観察などへの活用が期待される。大学院2年本多智貴さん(23)が、三輪准教授の指導で3年前から取り組んでいる。

2017年06月17日

人気の動画

共同通信

参加新聞社