47NEWS >  ニュース >  動画ニュース >  作業員4人が内部被ばく  「発がんリスク上昇」

作業員4人が内部被ばく

「発がんリスク上昇」

日本原子力研究開発機構の「大洗研究開発センター」(茨城県大洗町)で6日、男性作業員5人に放射性物質が付着した事故で、50代の機構職員の肺から2万2千ベクレルの放射性物質プルトニウム239が計測されたことが7日、分かった。他の3人の肺からも最大で1万4千~5600ベクレルが測定され、計4人が内部被ばくしていることが判明。残る1人も内部被ばくの疑いが濃厚としている。専門家は「発がんリスクが上がる」と述べた。

2017年06月07日

>>[記事全文]

最新動画
五戸町のPR動画、撮影スタート
飛鳥之湯泉の浴衣
「道章」とともに
人気の動画

共同通信

参加新聞社