47NEWS >  ニュース >  動画ニュース >  技術進歩しても観測必要 昭和基地60周年式典で訴え

技術進歩しても観測必要

昭和基地60周年式典で訴え

日本の観測隊が南極に昭和基地を開設して60年になるのを記念したイベントが29日、国立極地研究所(東京都立川市)で開かれた。記念式典で極地研の白石和行所長は「オゾンホールの発見など多くの成果を上げた。人工衛星の技術が進歩しても、現地隊員による観測は今後も必要だ」と基地の重要性を訴えた。

2017年01月30日

>>[記事全文]

人気の動画

共同通信

参加新聞社