47NEWS >  ニュース >  動画ニュース >  アジア若手研究者が初参加 極地研究の裾野広げる

アジア若手研究者が初参加

極地研究の裾野広げる

南極大陸で調査活動を続ける第58次観測隊(本吉洋一隊長)には、インドネシア、モンゴル、タイの若手地質研究者が参加している。南極観測の裾野を、極地研究の経験が少ないアジアの国に広げる目的。今回が初めての試みだ。

2017年01月23日

人気の動画

共同通信

参加新聞社