47NEWS >  ニュース >  動画ニュース >  和歌山発砲、容疑者が自殺 17時間立てこもり、腹撃つ

和歌山発砲、容疑者が自殺

Shooting suspect dies after turning gun on self in standoff

17時間立てこもり、腹撃つ

和歌山市の建設会社で従業員4人が撃たれ死傷した事件で、溝畑泰秀容疑者(45)=殺人容疑などで指名手配=が31日未明、拳銃2丁を所持し、同社近くの住宅地に立てこもった。約17時間半後の同日午後6時40分ごろ、和歌山県警が投降の説得中に、拳銃で右腹部を1発撃ち自殺を図った。県警は銃刀法違反容疑で現行犯逮捕したが、溝畑容疑者は約2時間後に搬送先の病院で死亡した。

The suspect in a fatal shooting in the western Japan city of Wakayama dies Aug. 31, 2016, after shooting himself in the stomach following a 17-hour standoff with police. Yasuhide Mizobata, 45, who had been at large since the shooting two days earlier, evaded an attempt by police officers to capture him and then barricaded himself in an apartment building. After shooting himself, Mizobata was arrested on the spot for violating the swords and firearms control law. He was taken to a hospital but died two hours later.>>TO ORDER

2016年09月01日

>>[記事全文]

関連動画
御嶽山噴火から2年
日本初のアーク灯を復元
MRJ、米国に向け出発
富士山が「初雪化粧」
病院の点滴保管状況捜査
「偉大なジャーナリスト」
「ご遺族に哀悼の意」と院長

最新動画
子ガメたち海へ
月の砂漠 鳥取でテスト
収穫の喜びをサポーターと
札幌で季節外れのサクラ
人気の動画

共同通信

参加新聞社