47NEWS >  ニュース >  動画ニュース >  放射線量の測定10倍高速化 除染作業の負担軽減を期待

放射線量の測定10倍高速化

除染作業の負担軽減を期待

放射線医学総合研究所は21日、従来の10倍の速さで放射線量を測定できる移動型の新装置を開発したと発表した。装置は手押し車のような形状で、人がその装置を押しながら移動ゆっくり歩く速度での計測が可能になり、除染作業の負担軽減が期待される。

2013年11月21日

人気の動画

共同通信

参加新聞社