47NEWS > 医療・健康 > 悩み相談室
病気カテゴリー別検索

専門家から医師が病気や健康に関する悩みに新聞紙面で回答した内容を掲載

まぶたがピクピクけいれん予防策は

 時折まぶたがピクピクとけいれんします。数日間続き、治ったと思っても、またしばらくするとけいれんが起きます。こんな症状が2〜3カ月続いています。視野や視界に異常はなく、生活に不具合はありません。普段パソコンに向かう仕事をしているため、基本的に目は疲れている状態です。また、近視のためメガネとコンタクトをしています。予防策などがあったら教えてください。(福井市、48歳男性) 【お答えします】田中波 福井大医学部 眼科医員 ■単純性筋けいれんの可能性 視野や視界に異常がなく、生活に支障がないといっても、ピクピクまぶたがけいれんするのは不快なことと思います。おそらく疲労やストレス、睡眠不足などが原因で起こる眼輪筋の「単純性筋けいれん」、医学的には「眼瞼(がんけん)ミオキミア」であると思われます。症状が悪化することはありませんし、2〜3日続いた後に消えたり、再び現れたりしますが、基本的には治療の必要 …[記事全文]

2017/6/29 11:45  【福井新聞】

進行すると要介護に

 オーラルフレイル   最近、オーラルフレイルという言葉が急速に広がっています。フレイルとは体が弱っている状態をいいます。早い時期に改善策を取れば元に戻る可能性が高いといわれています。  高齢者においては特にフレイルが発症しやすいことが分かっており、要介護状態の多くは、このフレイルを経て進行します。  オーラルフレイルとは「歯や口の機能の脆弱(ぜいじゃく)(口腔(こうくう)機能の低下)」という意味で、以下のように進行していきます。口腔に関する興味が失われ、口腔清掃を怠るようになると、むし歯や歯周病になります。放っておくと歯を喪失し、咀嚼(そしゃく)能力が低下するだけではなく、周囲の筋肉の機能も悪くなります。  食事ができなくなって摂食嚥下(えんげ)機能障害が進行し、栄養状態は悪くなり、全身の抵抗力も減少し、要介護状態へと進行します。こうならないためには、ご近所の方との付き合いや、誰かと一緒…[記事全文]

2017/7/04 09:54  【福島民友新聞】


病気検索