47NEWS > 医療・健康 > 悩み相談室
病気カテゴリー別検索

専門家から医師が病気や健康に関する悩みに新聞紙面で回答した内容を掲載

【教えてホームドクター】 開頭手術 出血少なくきれいに

 こんにちは、吉村です。この欄では「脳卒中予防に関する最新情報」を紹介しています。皆さん、一緒に勉強しましょう! 今回も「開頭手術」の詳細についてお話しします。  手術が成功して、術後に何も障害がないことが、患者さんと医師の共通した願いです。前回のコラムでは「脳の血管を温存して、脳を傷つけないこと」が重要とお話ししました。ではそのためには、何が必要なのでしょうか?  手術前の説明時に、ご家族から「どのぐらいの時間がかかりますか?」とよく質問を受けます。単に確認したいということもあるかと思いますが、多くの方は「長い手術は危険」と考えているのだと思います。  確かになれた医師の手術は無駄が少なく、時間が短い傾向にありますし、「5時間かかる手術」と聞くと「大掛かりな危険な手術」と感じるのかもしれません。しかし私たちは、時間よりも大切なことがあると考えています。それは「きれいな手術」をすることです …[記事全文]

2017/11/21 11:15  【岐阜新聞】

自己管理の重要性 再認識を ストレスため込んだ代償50歳過ぎに

 当たり前のことですが、食事、運動、睡眠などがバランスよく、十分にとれている方は、生活習慣病(高血圧、糖尿病、高脂血症、痛風など)および肥満や喫煙の悪い習慣に陥りにくいと思います。  これまで日本人のビジネスマンは、会社や仕事のために家庭や自分の健康を顧みず、一生懸命に働いてストレスを多大にため込み、その発散のためにお酒やたばこが必須アイテムのように使われていました。そして悲鳴を上げる体にむちを打ち、薬などで症状をごまかしながらボロボロになって出世していく。仕事のために体を壊すことは名誉の負傷のように扱われ、お偉いさん同士の会話では自分の病気の自慢話まで出てきてしまう…。  何となく、日本人では理解できるような内容ですが、最近、出世はされたものの、50から60歳になると、がんに罹患(りかん)されたり、うつ病・うつ状態に陥り、長期療養生活を強いられる悲惨な運命をたどる人を比較的多く見掛けます…[記事全文]

2017/11/17 22:21  【佐賀新聞】


病気検索