47NEWS >  医療・健康 >  荷物お届けは動くタンパク質に 京大グループが新システム
病気カテゴリー別検索

最新ニュース

新開発の分子輸送システムの模式図。ガラス基板上に固定されたキネシンが棒状の微小管を「頭上リレー」のように運ぶ。微小管の硬さによって行き先を変えられる(横川准教授提供)

荷物お届けは動くタンパク質に 京大グループが新システム

 細胞内の物質輸送にヒントを得た微小空間の分子輸送システムを、京都大工学研究科の横川隆司准教授や磯崎直人研究員らのグループが開発した。運搬される分子の行き先を決めることができるのが特徴で、医薬品や医療…[記事全文]

2017/9/29 12:12  【京都新聞】


病気検索