47NEWS >  医療・健康 >  iPSで腎性貧血改善に成功 京大・香川大、マウスで確認
病気カテゴリー別検索

最新ニュース

 チームが作製したエリスロポエチン産生細胞(京都大iPS細胞研究所提供)

iPSで腎性貧血改善に成功 京大・香川大、マウスで確認

 不足すると腎性貧血を引き起こすタンパク質「エリスロポエチン」を作り出す細胞を人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)から作製し、貧血のマウスに移植して症状を改善させることに成功したと京都大と香川大のチーム…[記事全文]

2017/9/28 03:03  【共同通信】


病気検索