47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  山形 >  松枯れ対策、適切に 酒田・全国の保護士が研修

 日本松保護士会(岩瀬森の助会長)主催の第1回松枯れ防除実践技術研修会が11日まで3日間の日程で酒田市の庄内空港緩衝緑地パークセンターをメイン会場に開かれている。全国から松保護士約50人が参加し、10日には松枯れを防ぐ効果が高いという薬剤の樹幹注入の適切な作業方法を学んだ。 松保護士は、樹木医と同様に日本緑化センターを試験機関とする資格で、全国約250人が活動している。庄内の松林は全国的に貴重だとして、初回の研修会場に選んだ。同会の増田信之副会長兼事務局長(滋賀県)がメインの講師を務め、県…     [記事全文]

2017/11/11 10:33 【山形新聞】