47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  山形 >  蔵を改装、地域おこし活動の拠点に 大石田駅前に8月オープン

 大石田町は2017年度、JR大石田駅前の蔵を改装し、初めて導入する地域おこし協力隊の活動拠点にする。隊員は30代の男女2人。旅行客にそばコーヒーを提供するなどしてもてなす。 蔵は駅西口にある旅館跡地に立つ。土蔵造の平屋で延べ床面積は約59平方メートル。隊員は隣接する2階建て木造住宅(一部鉄筋コンクリート製、延べ床面積約254平方メートル)に住み、蔵で観光客を接待する。蔵と住宅を含めた敷地面積は約648平方メートル。 蔵の中に産直コーナーを設置し工芸品を展示するほか、町が地方創生事業として…     [記事全文]

2017/02/21 11:02 【山形新聞】