47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  和歌山 >  水辺生かしたまちづくりを 和歌山市が市堀川周辺で社会実験

 和歌山市は市中心部を流れる市堀川周辺を生かしたまちづくりを進めようと、民間による遊覧船運航などのイベントを含めた社会実験を行っている。桟橋を設置し、市役所の北東にある京橋駐車場では芝生広場を設けるなどしてくつろげる空間を演出。11月20日にかけ、週末を中心に“水辺”ににぎわいが生まれることが期待されている。 市によると、城下町として栄えた京橋周辺にはかつて米問屋が立ち並び、市堀川を利用して多くの荷物が運ばれていたという。市は当時のにぎわいを取り戻そうと、官民一体でつくる「わかやま水辺プロ…     [記事全文]

2017/10/07 07:05 【産業経済新聞】