47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  和歌山 >  県の廃棄文書落とす 運搬の受託業者

 和歌山県は6日、県の和歌山下津港湾事務所が、業者に廃棄を委託していた「外国船員出入記録簿」のコピーなど計25枚が、同港近くの道路付近2カ所に落ちていたと発表した。外国船の入港日時や乗組員の氏名、パスポート番号、船員手帳番号などが記載されていたという。  県によると、文書廃棄の委託を受けた和歌山市内の業者が3日、2トントラック1台で自社へ運搬中、荷台から落下させた。文書はシートをかぶせていたという。  別の事業者が文書が落ちているのを発見した。事務所が廃棄を委託した文書の全体枚数が不明なた…     [記事全文]

2017/10/06 17:00 【紀伊民報】 

 最新ニュース