47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  和歌山 >  マツタケ初入荷 高値は1キロ5万5千円

 秋の味覚、地元産マツタケが6日、和歌山県田辺市稲成町の田辺中央青果に今年初めて登場した。1キロ当たり最高5万5千円で競り落とされた。例年より1週間ほど遅く、量も少ない。  この日競りにかけられたのは、田辺市龍神村で採れた9本350グラム。例年「サマツ」と呼ばれるニセマツタケ(キシメジ科)が入荷してからマツタケが登場するが、今年はサマツが皆無だった。  市場関係者は「今年はサマツもなく、マツタケも出ないのかと心配していた。降雨と冷え込みで増えてくれることを期待したい」と話している。 [記事全文]

2017/10/06 17:00 【紀伊民報】 

 最新ニュース