47NEWS >  地域ニュース >  地域動画 >  新ガントリークレーン陸揚げ 室蘭港 作業速度1.4倍に
  •  ニュース(政治経済)
  •  コンテナ貨物の積み降ろしに使う室蘭港の新しいガントリークレーン(レール上を動く荷役装置)が同港に到着し、10月29日、陸揚げ作業が行われた。12月半ばに稼働予定で、現施設と比べ、コンテナを運ぶ速度が約1・4倍となるなど作業能率は大幅に高まる。クレーンは三井造船大分工場製で高さ55メートル。事業費は現設備の解体費を含め8億8千万円。現設備ははしごと階段で上部の運転室に上っていたが、新設備にはエレベーターがある。最上部には市のマスコットキャラクター「くじらん」の絵が描かれた。・・・  [動画を見る]
    2017/11/01 19:54   【北海道新聞】