47NEWS >  地域ニュース >  地域動画 >  タウシュベツ川橋梁のアーチ見納めか 北海道糠平湖・崩落進み途切れる心配
  •  山
  •  十勝管内上士幌町の糠平湖に架かる旧国鉄士幌線の「タウシュベツ川橋梁」に、今年に入り複数箇所で大きな崩落が確認された。地元では「完全な状態を見られるのは今年で最後になるのでは」との懸念が広がっている。同橋梁は1937年完成、美しい11連アーチが特徴だ。糠平ダム着工と旧士幌線移設に伴い、55年に糠平湖の中に沈んだ。例年10月ごろになると、橋は湖面に姿を消し、ダム発電で水位が下がる1月ごろから再び姿を現すため、「幻の橋」として知られている。昨年の台風の影響で、ダメージが大きかったとみられる。・・・  [動画を見る]
    2017/07/03 16:58   【北海道新聞】  

    最新の山動画一覧
    水面に輝く空色 雨竜沼(08/18)
    【北海道新聞】
    ゲレンデ染めるユリ見頃(08/07)
    【北海道新聞】
    四季彩の丘で花のじゅう(08/07)
    【北海道新聞】
    天然の涼しさ「気持ちい(08/07)
    【北海道新聞】
    緑の森に浮かぶ「島」 (07/27)
    【北海道新聞】
    空沼小屋11年ぶり復活(07/03)
    【北海道新聞】
    タウシュベツ川橋梁のア(07/03)
    【北海道新聞】
    新緑に水のアーチ 豊平(06/09)
    【北海道新聞】
    水田一望、気分は殿様 (06/09)
    【北海道新聞】
    釣り上げた!ミヤベイワ(06/09)
    【北海道新聞】