47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  富山 >  声楽家へ歌声高らか 射水出身の2人 東京芸大オペラ出演

 いずれも射水市出身で呉羽高を卒業したバリトンの栗原峻希(たかき)さん(25)とソプラノの髙橋美咲さん(24)は7日、東京・上野の東京芸大で、同大のオペラ定期公演「フィガロの結婚」で主演を務めた。全国の音楽関係者らが注目する舞台で高らかにアリアを響かせ、目指す声楽家へ大きな一歩を踏み出した。 2人は国内の音楽学校で最難関とされる同大大学院に進学し、オペラを専攻する。「フィガロの結婚」はモーツァルト作曲の名作オペラで、2人は共に主役に抜てきされた。栗原さんはフィガロの主人で、フィガロの恋人で…     [記事全文]

2017/10/08 02:09 【北國新聞】