47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  富山 >  栽培100年モチーフ 大花壇デザイン発表

となみチューリップフェア  砺波市は一日、2017となみチューリップフェア(来年四月二十一日~五月五日)の大花壇のデザインを発表した。同市でチューリップ栽培が始まって百年を記念し「100」の文字をモチーフにしたデザインとした。  チューリップ公園の大花壇の地上絵はフェアの呼び物の一つ。市のチューリップ栽培の先駆者、水野豊造の名前を冠した「ザ・グレゴールミズノ」を中央に、県産の代表種「黄小町」、最近人気の桃色をした「由子(ゆうこ)」など広さ二千六百平方メートルに十六品種、二十一万球を開花させ…     [記事全文]

2016/11/02 08:00 【中日新聞】