47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  鳥取 >  大山町長に35歳竹口氏 現職破り初当選

 任期満了に伴う大山町長選は16日投開票され、無所属新人で元町議の竹口大紀氏(35)が、3選を目指した無所属現職の森田増範氏(63)を607票差で破り、初当選した。投票率は75・79%で、前回を3・58ポイント下回った。 竹口氏は、鳥取県内の現職首長で最年少となる。1月に立候補を表明。集落推薦は取らず、出身の旧名和町や候補者のいない旧中山町を中心に幅広い世代からの支持拡大に努めた。 NPO法人や町商工会への委託事業の不適切な事務処理を巡る現町政の対応を厳しく追及し、町政を刷新すると強調。若…     [記事全文]

2017/04/17 10:03 【日本海新聞】 

 最新ニュース