47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  東京 >  国際金融都市実現へ「東京版ビッグバン」 法人減税や相続税見直し

 小池百合子知事は10日の定例会見で、「国際金融都市・東京」構想を発表した。「『東京版金融ビッグバン』の実現へ」と題したこの構想では、アジアの金融拠点を目指し、海外の金融系企業の積極誘致に向けた法人二税の政策減税や、高度な外国人の人材発掘のための相続税見直しなどをうたっている。小池氏は「変わりゆく東京を国内外に示す」と語った。 今後は東京版の金融プロモーション組織を設立するほか、LGBT人材の活用なども進める。また金融庁や内閣府、民間事業者に加え、英国・ロンドンの金融の中心地「シティ」との…     [記事全文]

2017/11/11 07:00 【産業経済新聞】