47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  東京 >  チンアナゴ 魅力を語らう すみだ水族館 11日に学者、写真家ら

 海底でゆらゆらと揺れる「チンアナゴ」。ユーモラスな人気者について、一家言ある研究者や水中写真家らが熱く語り合うイベントが、「チンアナゴの日」の十一日、すみだ水族館(墨田区押上)で開かれる。人気者でありながら、生態などに謎の多いチンアナゴの「素顔」や魅力に迫る。  チンアナゴは、沖縄などのサンゴ礁のある海域の砂底に生息。顔つきが犬のチンに似ていることが、名前の由来だそうだ。砂の中から体を出している姿が数字の「1」に似ていることから、同水族館が十一月十一日を「チンアナゴの日」として日本記念日…     [記事全文]

2017/11/09 08:00 【東京新聞】