47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  徳島 >  新町西再開発組合、徳島市を提訴

 徳島市が新町西地区再開発事業の権利変換計画を不認可処分にしたのは違法だとして、地権者でつくる再開発組合(森竹義浩理事長)は26日、市を相手取り、処分取り消しと計画認可の義務付けを求める訴訟を徳島地裁に起こした。権利変換計画の認可を巡る行政訴訟は全国で初めて。 訴状によると、再開発事業は市が主導し、権利変換計画にも地権者として同意していたと指摘。認可基準に照らして瑕疵がない限り計画は認可すべきだとして「3月の市長選で事業の白紙撤回を掲げた遠藤彰良市長が当選したとはいえ、現段階で恣意的な政策…     [記事全文]

2016/08/26 14:06 【徳島新聞】