47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  栃木 >  <衆院選>とちぎの現場から(上)1億総活躍社会障害者支える人材を

 手元に視線を集中させ、イチゴ「なつおとめ」の茎を一つ一つ、丁寧に間引いていく。地道な作業の連続にもすっかり手慣れた様子だ。九月末、宇都宮市大谷町の障害者向け農業研修施設「大谷いちご倶楽部(くらぶ)」の温室で、鈴木努さん(38)が汗をぬぐっていた。  施設は障害者が働ける場を作ろうと、市内の人材派遣会社「シーデーピージャパン」が子会社を通じて昨年設立。付近で採掘される大谷石の採石場跡にたまる地下冷水をパイプに流し、土壌を冷やして冬~春が旬のイチゴを夏~秋に栽培する手法を採用する。てんかんを…     [記事全文]

2017/10/07 08:00 【東京新聞】