47NEWS >  地域ニュース >  てくてくjapan >  東京ぷちさんぽ >  住み心地の良さが魅力 文士も遊んだ阿佐谷

てくてくjapan

てくてく47都道府県

2013年02月20日

住み心地の良さが魅力 文士も遊んだ阿佐谷

 「ゆるい」「なごむ」と若者に人気のJR中央線沿線の街。中でも阿佐谷かいわいは気持ちのいいケヤキ並木や元気な商店街があり、住み心地は抜群だ。


 JR阿佐ケ谷駅は、ダイヤ街やゴールド街、パールセンターなどジュエリーの名前が付いた商店街に囲まれている。ケヤキ並木に沿って伸びる「阿佐谷パールセンター」では新旧商店がのんびりと営業中。1年で一番にぎわうのは七夕祭りの季節で、5日間で約60万人が訪れるとか。 電器店や雑貨店が本気で作ったアニメキャラクターなどの張りぼての人形が商店街を彩る。


 小説「高円寺純情商店街」などで知られる、作家のねじめ正一さんの「ねじめ民芸店」はパールセンター内にある。店内には手ぬぐいなどの和雑貨が所狭しと並んでいて、見ているだけで心が和む。


 阿佐谷はクリエーターを引き付ける不思議な魅力があるらしい。かつては小説家の井伏鱒二や太宰治ら文士で結成した「阿佐ケ谷会」の“遊び場”だったし、今でもミュージシャンやデザイナーが多く住んでいる。


%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E7%B7%9A%E7%89%A9%E7%94%A3%E9%A4%A8.jpg


 オレンジ色のパンダの看板が目印の「中央線物産館」は、中央線沿いに住むアーティストたちの作品を集めて販売している。店内にはインディーズCDや画集など、オーナーの下古谷浩さんのお気に入りばかり。頼まれて置いている物もあるとか。「沿線には元気な若い作家さんが多いです」


 “飲み助の聖地”と呼ばれる「スターロード」を歩くと、丸みを帯びた壁と円窓がジブリアニメに出てきそうな文化複合施設「ラピュタ阿佐ケ谷」に遭遇した。小劇場やカフェレストランのほか、小さな映画館が入っている。日本映画の巨匠の作品が見られる貴重な劇場だ。



メモ
めもにゃん

%E3%82%A4%E3%83%81%E3%82%B4%E5%A4%A7%E7%A6%8F.jpg


 【メモ】老舗和菓子店「釜人(かまんど) 鉢の木」のイチゴ大福は5個入りで1150円。かわいい見た目がお土産にぴったり。


各都道府県のニュースや観光情報、地域情報、ご当地グルメ、地域動画などてくにゃんによる各都道府県ガイド。

北海道・東北
関東・甲信越
東海・北陸
近畿
中国・四国
九州・沖縄
もっとてくてく
あおもりの観光

越前がに情報サイト「かにカニ福井」

【福井新聞】福井県の冬の味覚の王様「越前がに」の情報満載!カニグルメ、旅館情報。


あおもりの観光

あおもりの観光

【東奥日報】食、祭り、温泉。2年生女性デジ記者が動画と写真でリポート。


2010年街道の旅~キラリを探して~

2010年街道の旅~キラリを探して~

【東京新聞】かつての旅路に思いをはせ、そこに生きる人々を訪ねる。


ちょっとそこまで

ちょっとそこまで

【山形新聞】温泉、川遊び、ロケ地…。山形の旅の名所が満載。


てく鉄
新幹線 北海道に

新幹線 北海道に

【北海道新聞】


「鉄」記者ブログ

「鉄」記者ブログ

【岐阜新聞】 鉄道をこよなく愛する記者が岐阜県内中心に沿線ひとり旅。


鉄道写真投稿マップ

鉄道写真投稿マップ

【東奥日報】 みんなでつくる北東北鉄道写真マップ。


世界遺産てく
石見銀山

石見銀山

【山陰中央新報】


page top