47NEWS >  地域ニュース >  てくてくjapan >  てくてく大分

てくてくjapan 番外編

大分

地域ニュース

7月の九州豪雨時に活躍 流木回収船中津港で公開

 国土交通省関門航路事務所は21日、今年7月の九州豪雨時に周防灘沿岸の流木回収に活躍した清掃兼油回収船「がんりゅう」(195トン)を中津港で関係者に公開した。同事務所によると、同船は7月6日から25日までに流木360本を回収。20日間で年平…[詳細を見る]

2017/11/22【西日本新聞】

おでかけ

学んだ成果130点、芸術緑丘高が作品展 大分県立美術館

学んだ成果130点、芸術緑丘高が作品展 大分県立美術館

 「県立芸術緑丘高校OPAM展授業作品紹介」展(大分合同新聞社後援)が21日、大分市寿町の県立美術館で始まった。全国でも数少ない芸術専門高校の取り組みを知ってもらうため毎年開いている。26日まで。  美術科2、3年生(計77人)の日本画、油 …[詳細を見る]

2017/11/21 【大分合同新聞】

愛媛国体 盛岡大付が初戦突破

 第72回国民体育大会「2017愛顔(えがお)つなぐえひめ国体」第8日は7日、松山市の坊ちゃんスタジアムで高校野球硬式の1回戦を行い、本県は盛岡大付が10−2(…[詳細を見る]

2017/10/07 17:06

【3078】鷹来屋 華鷹 純米吟醸 大分三井(たかきや はなたか) 【大分】

 夕方、近所のうなぎ屋へ。ここのお酒は定番の地酒3種類だが、店主が酒好きで、メニュー外の酒を複数種類、厨房の冷蔵庫に確保している。この“隠し酒”が楽しみで、わた…[詳細を見る]

2017年10月06日

商品速報

くじゅう連山の水使用 八鹿酒造が清酒の新商品

 八鹿酒造(九重町、麻生益直社長)は14日、清酒の新商品「おんせん県おおいた おけちゃん吟醸」(300ミリリットル、14度)を発表した。15日から販売を始めた。  地下280メートルからくみ上げたくじゅう連山の水を使用し、すっきりした飲み口 …[詳細を見る]

2017/09/16 【大分合同新聞】

ホッとニュース

「学問のすゝめ」初版本 中津市で見つかる

「学問のすゝめ」初版本 中津市で見つかる

 1872年に出版された福沢諭吉の「学問のすゝめ」の初版本が中津市で見つかり、市教委が26日、発表した。地方史研究家で元市立図書館長の故今永正樹氏(1906〜88)の遺族が今春、市歴史民俗資料館に寄贈した史料の中から発見。初版本は活版印刷機 …[詳細を見る]

2016/07/27 【大分合同新聞】

商店街活性化支援

プリンのキャラクター募集

 別府市旅館ホテル組合連合会は、同市の名物「別府プリン」をPRするイメージキャラクターを募集している。  同連合会は4月に48店舗を掲載した食べ歩きマップを作…[詳細を見る]

2012年07月05日 【西日本新聞】

各都道府県のニュースや観光情報、地域情報、ご当地グルメ、地域動画などてくにゃんによる各都道府県ガイド。

北海道・東北
関東・甲信越
東海・北陸
近畿
中国・四国
九州・沖縄