47NEWS >  地域ニュース >  てくてくjapan >  てくてく長野

てくてくjapan 番外編

長野

おでかけ

栄養豊富、ソバの実に可能性 小諸の製粉会社に注文急増

栄養豊富、ソバの実に可能性 小諸の製粉会社に注文急増

 小諸市東小諸の大西製粉でソバの実が人気だ。夏にテレビ番組で健康食として紹介され、注文量が十数倍に。そば粉として製粉すると取り除かれてしまう胚芽や甘皮の栄養分を丸ごと食べられるのが特徴で、ソバの新たな味わい方が広がることを期待している。   …[詳細を見る]

2017/09/26 【信濃毎日新聞】

地域ニュース

高原の秋に新たな彩り ワレモコウの独自品種収穫 長野

 長野市上ケ屋の畑で、約2・5メートルの高さに成長したワレモコウの収穫作業が行われている。「中秋の名月」に当たる来月4日を前に、団子などと共に飾る供え物として中京圏や北陸地方に出荷される。 ワレモコウは長さ約3センチの楕円(だえん)形をした…[詳細を見る]

2017/09/26【信濃毎日新聞】

ホッとニュース

水引の魅力 ねじって発信 飯田

水引の魅力 ねじって発信 飯田

 長野県飯田下伊那地域の伝統工芸「水引」を製造する野々村水引店(飯田市松尾清水)が、複数の水引をらせん状にねじり合わせた「スパイラル水引」を開発した。通常の水引と比べて強度が高く、豪華さやボリューム感もある。服やバッグ、大型オブジェ、屋内装 …[詳細を見る]

2017/09/26 【信濃毎日新聞】

長野 秋季大会 8強決まる

 第137回秋季北信越高校野球県大会(信濃毎日新聞社協賛)第2日は24日、上田県営、長野オリンピックスタジアム、長野県営の3球場で2回戦8試合が行われ、ベスト8…[詳細を見る]

2017/09/25 11:20

長野

初物マツタケ、さっそく食べたい 青木・道の駅に初入荷

  長野県小県郡青木村の「道の駅あおき」内にある農産物直売所で4日、今年初めてマツタケが並んだ。同村産や上田市産のマツタケを1パック約4千円から1万円ほどで販売。同市内では、マツタケ料理を提供する季節限…[詳細を見る]

2017年09月18日 【信濃毎日新聞@青木(信濃毎日新聞)

【3056】女鳥羽の泉 山廃 純米(めとばのいずみ) 【長野】

【H居酒屋にて 全3回の②】  なじみのH居酒屋の店主から連絡が入った。「新しい酒が3本入りましたので、いらしてください」。一般的な居酒屋の酒メニューは、酒名…[詳細を見る]

2017年09月10日

商品速報

有機麦地ビール生産倍増へ 18日にフェアで試飲即売会 かみのかわ有機農業推進協

 かみのかわ有機農業推進協議会(上三川町鞘堂)は本年度、町内産の有機ビール麦を使った地ビール「白鷺の恵」の生産量を倍増、販売拡大を図る。同協議会の稲葉光国代表幹事は「有機栽培の認定を受けた国産麦芽を使用しているビールは国内でほかにない。有機 …[詳細を見る]

2010/12/11 【下野新聞】

各都道府県のニュースや観光情報、地域情報、ご当地グルメ、地域動画などてくにゃんによる各都道府県ガイド。

北海道・東北
関東・甲信越
東海・北陸
近畿
中国・四国
九州・沖縄