47NEWS >  地域ニュース >  てくてくjapan >  てくてく長野

てくてくjapan 番外編

長野

地域ニュース

土用の丑の日「うなぎで元気に」 来店客でにぎわう 長野

 土用の丑(うし)の日の25日、県内のうなぎ料理店は、かば焼き作りなどで忙しさのピークを迎え、店先に香ばしいにおいが漂った。厳しい暑さが続いたこともあり、「うなぎで元気を出したい」という来店客でにぎわった。 長野市箱清水の「うなぎの宿 住吉…[詳細を見る]

2017/07/25【信濃毎日新聞】

長野大会 松商、甲子園へ(24日)

 第99回全国高校野球選手権長野大会最終日は24日、長野オリンピックスタジアムで決勝が行われ、ノーシードから勝ち上がった松商学園が2連覇を狙った佐久長聖に5—4…[詳細を見る]

2017/07/25 10:35

ホッとニュース

上田市で高齢ドライバーの免許返納急増 タクシー補助券が効果

上田市で高齢ドライバーの免許返納急増 タクシー補助券が効果

 長野県上田市で本年度、運転免許証を自主返納した65歳以上の高齢ドライバーが4月からの3カ月間で156人となり、前年同期の88人の2倍近くに急増していることが県警東北信運転免許課のまとめで分かった。市は本年度から、免許証を自主返納した65歳 …[詳細を見る]

2017/07/25 【信濃毎日新聞】

おでかけ

「肉球感」話題のドーナツ 日本聴導犬協会、宮田の企業とコラボ

「肉球感」話題のドーナツ 日本聴導犬協会、宮田の企業とコラボ

 宮田村の「宮田とうふ工房」は、犬の肉球をかたどったオリジナルの「ポー(肉球)焼きドーナツ」を考案し、24日、同工房でお披露目した。村内に本部がある日本聴導犬協会(第21回信毎選賞受賞)とコラボレーションし、バスツアーなどで同協会を訪れて募 …[詳細を見る]

2017/07/25 【信濃毎日新聞】

長野

「市田柿」うどん、豊かな風味 高森の推進協が開発

  長野県下伊那郡高森町や町商工会でつくる「市田柿発祥の里活用推進協議会」(新井徳二会長)が、町特産の干し柿「市田柿」の皮を練り込んだうどんを開発し、試食・発表会を4日に町内で開いた。5日から販売を始め…[詳細を見る]

2017年07月10日 【信濃毎日新聞@高森(信濃毎日新聞)

【2963】高天 純米 辛口 原酒(こうてん) 【長野】

【P居酒屋にて 全10回の⑩完】  前の年と同じく、四国の酒豪Eと“さし”で飲むことになった。場所は、前年同様、わたくしのホームグラウンドのP居酒屋で。ちょう…[詳細を見る]

2017年07月08日

商品速報

有機麦地ビール生産倍増へ 18日にフェアで試飲即売会 かみのかわ有機農業推進協

 かみのかわ有機農業推進協議会(上三川町鞘堂)は本年度、町内産の有機ビール麦を使った地ビール「白鷺の恵」の生産量を倍増、販売拡大を図る。同協議会の稲葉光国代表幹事は「有機栽培の認定を受けた国産麦芽を使用しているビールは国内でほかにない。有機 …[詳細を見る]

2010/12/11 【下野新聞】

各都道府県のニュースや観光情報、地域情報、ご当地グルメ、地域動画などてくにゃんによる各都道府県ガイド。

北海道・東北
関東・甲信越
東海・北陸
近畿
中国・四国
九州・沖縄