47NEWS >  地域ニュース >  てくてくjapan >  東京モノがたり >  副都心に名残のバルブ 浄水場跡の西新宿ビル街

てくてくjapan

てくてく47都道府県

2011年03月17日

副都心に名残のバルブ 浄水場跡の西新宿ビル街

 超高層ビルが立ち並ぶ東京・西新宿一帯。「副都心」とも呼ばれるここがかつて、都内の広範囲に水道水を供給する「淀橋浄水場」だったと聞けば、意外に思う人も多いのではないだろうか。


 給水を開始したのは1898年。1945年の東京大空襲による火災では、近隣の住民が広大な34万平方メートルの浄水場に逃げ込んで命拾いした。


 65年に東京都東村山市に移転するまで、明治・大正・昭和と東京の飲み水を支え続けた歴史は、新宿住友ビル敷地内にある実際に使用されたバルブ(直径1メートル、写真右)のモニュメントが伝えている。


 吹きすさぶビル風が身に染み、暖を取ろうと京王プラザホテルに立ち寄る。すると、地上から入ったのに「ここは本館3階ロビーです」という案内文が。ビルがかつての浄水場の池底から立っているためだという。周辺の昔の地名は「淀橋区淀橋町」。家電量販店「ヨドバシカメラ」の前身「淀橋写真商会」は、西新宿に設立された。


%E8%A5%BF%E6%96%B0%E5%AE%BF%E3%83%BB%E8%A1%97TR2011020700084.jpg


 整然と区画された都市風景。街路は「日本の道100選」にも選ばれているが「人間臭さ」に欠ける。都が96年、新宿駅西口から都庁に通じる地下通路にいたホームレスを排除した記憶がよみがえった。


 東口の猥雑な繁華街が恋しくなり、JR線をくぐる地下道に向かう。左手には焼き鳥屋などが軒を連ねる「思い出横丁」。戦後の闇市の名残で、ビル街とは対照的だ。


 細い通路に、オジサンが次々と吸い込まれていく。「いらっしゃいませ。どうぞー」と店のお姉さんの元気な声。焼き鳥の煙と人のぬくもりで元気が出た。



メモ
めもにゃん

JR新宿駅東口、スタジオアルタ前広場の「みんなの泉」は、浄水場からの移設。もともとは馬や牛、犬猫、人が別々に水を飲める「馬水槽」で、ロンドンから旧東京市に贈られたものだ。


各都道府県のニュースや観光情報、地域情報、ご当地グルメ、地域動画などてくにゃんによる各都道府県ガイド。

北海道・東北
関東・甲信越
東海・北陸
近畿
中国・四国
九州・沖縄
もっとてくてく
あおもりの観光

越前がに情報サイト「かにカニ福井」

【福井新聞】福井県の冬の味覚の王様「越前がに」の情報満載!カニグルメ、旅館情報。


あおもりの観光

あおもりの観光

【東奥日報】食、祭り、温泉。2年生女性デジ記者が動画と写真でリポート。


2010年街道の旅~キラリを探して~

2010年街道の旅~キラリを探して~

【東京新聞】かつての旅路に思いをはせ、そこに生きる人々を訪ねる。


ちょっとそこまで

ちょっとそこまで

【山形新聞】温泉、川遊び、ロケ地…。山形の旅の名所が満載。


てく鉄
新幹線 北海道に

新幹線 北海道に

【北海道新聞】


「鉄」記者ブログ

「鉄」記者ブログ

【岐阜新聞】 鉄道をこよなく愛する記者が岐阜県内中心に沿線ひとり旅。


鉄道写真投稿マップ

鉄道写真投稿マップ

【東奥日報】 みんなでつくる北東北鉄道写真マップ。


世界遺産てく
石見銀山

石見銀山

【山陰中央新報】


page top