47NEWS >  地域ニュース >  てくてくjapan >  てくてく三重

てくてくjapan 番外編

三重

地域ニュース

楽しみだね小学校 鈴鹿で新入学祝うつどい

 鈴鹿市内の小学校に今春入学する子どもを対象にした「新入学を祝うよい子のつどい」(市、市教委、中日新聞社共催)が十九日、市文化会館であった。  午前と午後の二回開かれ、計六百人以上の親子らが会場を埋めた。わらべ歌の紹介や童話の読み聞かせがあ…[詳細を見る]

2017/02/20【中日新聞】

ホッとニュース

ハートの氷でラッコ求愛 飼育員が応援 鳥羽水族館

ハートの氷でラッコ求愛 飼育員が応援 鳥羽水族館

【鳥羽】バレンタインデーを前に、鳥羽市鳥羽三丁目の鳥羽水族館で十三日、ラッコ二頭にハート型の氷がプレゼントされた。  ラッコは雄のロイズと雌のメイ。女性飼育員から甘エビで飾られたハート型の氷を受け取り、おなかに抱えてかぶりついた。  朝と夕 …[詳細を見る]

2017/02/14 【伊勢新聞】

【2718】瀧自慢 大吟醸(たきじまん) 【三重】

【Z料理店にて 全4回の④完】  1カ月ほど足が遠のいていたZ料理店へ、年末のあいさつに。忘年会客でにぎわう中、カウンターで一人飲む。背中に冷蔵庫。酒を自由に…[詳細を見る]

2017年01月27日

おでかけ

土偶や仏像、「ペコちゃん人形」 三重県立美術館 「立体」テーマの企画

土偶や仏像、「ペコちゃん人形」 三重県立美術館 「立体」テーマの企画

 「立体」をテーマにした企画展「再発見!ニッポンの立体」が二十四日、津市大谷町の県立美術館で始まった。縄文時代の土偶から「ペコちゃん人形」まで、約百五十点の立体作品が並ぶ。四月九日まで。  日本の立体作品は西洋の影響を受けた彫刻に注目が集ま …[詳細を見る]

2017/01/25 【伊勢新聞】

三重準決勝で敗退、センバツ厳しく 秋季東海大会 

 高校野球の秋季東海地区大会第3日は29日、静岡市の草薙球場で準決勝2試合があった。県勢で唯一ベスト4入りしていた三重は静岡に敗れて2強に残ることができず、来年…[詳細を見る]

2016/10/30 11:01

三重

どっこい、今も生きてる桑名のはまぐり お笑いコンビのCOWCOWを大使に任命【GOHAN特製原稿】

  「そうは桑名の焼きはまぐり」なんていう戯れ言葉は今や死語の感もするが、どっこい現在も三重県桑名市は名産のはまぐりの売り込みに力を入れ、このほど2代目の「はまぐり大使」にお笑いコンビのCOWCOWを任…[詳細を見る]

2014年11月17日 【中村彰@東京(47NEWS)

商品速報

超小型EVきょう発売 「Miluira」 浜松

 新分野の電気自動車(EV)開発に取り組んできた工業用模型製造の「Takayanagi」(浜松市西区、高柳力也社長)は1日、1人乗りの超小型EV「Miluira(ミルイラ)」を発売する。  車両の全長は2・2メートル、幅は1・3メートル。「 …[詳細を見る]

2010/12/01 【静岡新聞】

各都道府県のニュースや観光情報、地域情報、ご当地グルメ、地域動画などてくにゃんによる各都道府県ガイド。

北海道・東北
関東・甲信越
東海・北陸
近畿
中国・四国
九州・沖縄