47NEWS >  地域ニュース >  てくてくjapan >  てくてく三重

てくてくjapan 番外編

三重

地域ニュース

外来種キショウブ?群生 紀北・古里の休耕田

 紀北町古里の休耕田で、黄色の花を付けたアヤメ科の植物が群生している。同所では年を追うごとに数が増えており、かれんな姿が地元住民に好評な一方、「外来種ではないか」と懸念する声も聞かれる。  現場はきいながしま古里温泉の西隣に広がる湿地帯。古…[詳細を見る]

2017/05/26【中日新聞】

おでかけ

スナメリがお嫁入り 鳥羽水族館で公開始まる

スナメリがお嫁入り 鳥羽水族館で公開始まる

【鳥羽】鳥羽市鳥羽三丁目の鳥羽水族館に二十五日、広島県廿日市市の宮島水族館から雌のスナメリ「イチゴ」(四歳)がお嫁入りし、公開が始まった。 繁殖目的のブリーディングローンで、鳥羽水族館から広島県に婿入りした雄「ゴウ」と、宮島水族館の雌「ニコ …[詳細を見る]

2017/05/26 【伊勢新聞】

春季東海大会26日開幕、東海大翔洋と静岡が初戦

 第64回春季高校野球東海大会が26日、三重県で開幕する。静岡県覇者の東海大翔洋は東邦(愛知2位)、準優勝の静岡は近大高専(三重1位)と初戦でぶつかる。  東海…[詳細を見る]

2017/05/25 11:17

【2887】田光 純米 槽搾り 一回瓶火入(たびか) 【三重】

【B居酒屋にて 全6回の④】  異業種の2人、そして同僚とわたくしの4人の飲み会。それぞれ全員顔なじみ。それぞれとは何回も飲んでいるが、4人そろって飲むのは初…[詳細を見る]

2017年05月06日

ホッとニュース

鳥羽・浦村町 イルカ、迷い込む 浅瀬で発見、沖に返す

鳥羽・浦村町 イルカ、迷い込む 浅瀬で発見、沖に返す

【鳥羽】鳥羽市浦村町に二十五日、群れからはぐれたイルカ二頭が迷い込んだ。漁師と鳥羽水族館スタッフが救助し、船に乗せて沖へ送り届けた。一頭は無事に泳ぎだしたが、衰弱していたもう一頭は海の底に沈んだまま浮き上がらなかったという。  イルカは雄の …[詳細を見る]

2017/03/27 【伊勢新聞】

三重

どっこい、今も生きてる桑名のはまぐり お笑いコンビのCOWCOWを大使に任命【GOHAN特製原稿】

  「そうは桑名の焼きはまぐり」なんていう戯れ言葉は今や死語の感もするが、どっこい現在も三重県桑名市は名産のはまぐりの売り込みに力を入れ、このほど2代目の「はまぐり大使」にお笑いコンビのCOWCOWを任…[詳細を見る]

2014年11月17日 【中村彰@東京(47NEWS)

商品速報

超小型EVきょう発売 「Miluira」 浜松

 新分野の電気自動車(EV)開発に取り組んできた工業用模型製造の「Takayanagi」(浜松市西区、高柳力也社長)は1日、1人乗りの超小型EV「Miluira(ミルイラ)」を発売する。  車両の全長は2・2メートル、幅は1・3メートル。「 …[詳細を見る]

2010/12/01 【静岡新聞】

各都道府県のニュースや観光情報、地域情報、ご当地グルメ、地域動画などてくにゃんによる各都道府県ガイド。

北海道・東北
関東・甲信越
東海・北陸
近畿
中国・四国
九州・沖縄