47NEWS >  地域ニュース >  てくてくjapan >  街あるきめです >  本物の味届く築地市場 マグロ競り、場外散策 

てくてくjapan

てくてく47都道府県

2012年03月19日

本物の味届く築地市場 マグロ競り、場外散策 

 全国各地から海産物の逸品が届けられ、日本の台所に例えられる築地市場(東京都中央区)。早朝から“本物の味”を求めてやって来るのはプロだけではない。ここは、国内外から買い物客が押し寄せる人気スポットでもある。


%E7%AF%89%E5%9C%B0%EF%BC%92TR2012020600074.jpg


 午前5時。市場の中へ足を踏み入れた。お目当ては、外国人が殺到する冷凍マグロの競り見学だ。始まりのベルが場内に鳴り響く。マグロの色や質を調べていた仲卸業者が1カ所に集まって来る。大声で番号や値段などを唱える競り人。活気あふれる光景は見ていて気持ちが良い。


 築地で外せないのが、“場外”と呼ばれる商店街「場外市場」だ。市場本体である“場内”の開場に合わせて発展したという街には、通りや路地裏に420もの店舗が並ぶ。料理人らもうなる食材を扱う店はもちろん、市場で働く人も足しげく通う飲食店も数多い。


 「めんたいこ、おいしいよ」「うちのノリ食べてみて」。夢中で試食していると、後ろから「危ないよ」の声が。観光客でにぎわう間を、荷物を積んだ 小型運搬車 が通り過ぎていく。


 築地かいわいは江戸時代、ほとんどが武家地で、市場の場所には、寛政の改革で知られる老中松平定信の屋敷などがあったという。市場が開場したのは1935年。関東大震災で被災した日本橋の魚市場などが移転してできた。


 建物は老朽化が進み、豊洲地区へ移る予定だが、NPO法人「築地食のまちづくり協議会」の鹿川賢吾事務局長はこう話す。「今後は場外市場が築地の顔になる。市場の良さを引き継ぎ、街の魅力を高めたい」


 帰りに立ち寄ったのが築地を守る 波除稲荷(なみよけいなり) 神社。鳥居の前で一礼する市場関係者の姿が印象的だった。


メモ
めもにゃん

%E7%AF%89%E5%9C%B0%EF%BC%93TR2012020600101.jpg


 卵焼きの「築地 山長」の名物、串玉は1本100円。老舗の味を楽しみながら、場外市場を歩いてみては。


各都道府県のニュースや観光情報、地域情報、ご当地グルメ、地域動画などてくにゃんによる各都道府県ガイド。

北海道・東北
関東・甲信越
東海・北陸
近畿
中国・四国
九州・沖縄
もっとてくてく
あおもりの観光

越前がに情報サイト「かにカニ福井」

【福井新聞】福井県の冬の味覚の王様「越前がに」の情報満載!カニグルメ、旅館情報。


あおもりの観光

あおもりの観光

【東奥日報】食、祭り、温泉。2年生女性デジ記者が動画と写真でリポート。


2010年街道の旅~キラリを探して~

2010年街道の旅~キラリを探して~

【東京新聞】かつての旅路に思いをはせ、そこに生きる人々を訪ねる。


ちょっとそこまで

ちょっとそこまで

【山形新聞】温泉、川遊び、ロケ地…。山形の旅の名所が満載。


てく鉄
新幹線 北海道に

新幹線 北海道に

【北海道新聞】


「鉄」記者ブログ

「鉄」記者ブログ

【岐阜新聞】 鉄道をこよなく愛する記者が岐阜県内中心に沿線ひとり旅。


鉄道写真投稿マップ

鉄道写真投稿マップ

【東奥日報】 みんなでつくる北東北鉄道写真マップ。


世界遺産てく
石見銀山

石見銀山

【山陰中央新報】


page top