47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  滋賀 >  琵琶湖の水草除去、補助事業好調 滋賀、マリーナ向け

 琵琶湖での異常繁茂が問題となる水草への対策で、滋賀県が本年度からマリーナや体験施設向けに始めた補助事業が好調だ。観光拠点となる施設に水草を刈り取ってもらうことで来県者のイメージアップを図る狙いがあり、22施設が活用した。一方、自己負担も含めて200万円近くを水草対策に投じた施設もあり、さらなる制度の拡充を求める声も出ている。 補助制度は、県が広域の水草除去に追われる中、船の出入りの障害や、悪臭の原因となる施設周辺の水草を自力で除去してもらうために創設した。桟橋やボートの揚降設備があるマリ…     [記事全文]

2017/11/11 08:50 【京都新聞】