47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  滋賀 >  幼・保の「育て」共通に 大津市がカリキュラム策定

 大津市は、幼稚園と保育園に通う子どもに一定の質の教育・保育を提供するため、「市幼児教育・保育共通カリキュラム」を策定した。年齢や季節ごとの教育・保育のポイントを解説するほか、小学校入学前後に保育園や学校の双方で配慮する点なども具体的に記しており、保育や学校現場で役立ててもらう。 これまで幼稚園の教育や保育園での保育の目標・カリキュラムは、「市立幼稚園教育課程」「市基準保育課程」に基づき各園が別々に定めていたが、教育・保育の質を高めるため、あらためて共通の指針として共通カリキュラムを定めた…     [記事全文]

2016/11/06 19:16 【京都新聞】