47NEWS >  地域ニュース >  コラムトップ >  社説・論説

2016年(平成28年)05月28日(土曜日)

社説・論説

東京と地方では、いまや視点が異なります。北海道から沖縄まで、各新聞社の社説・論説を読み比べてみませんか。

「社説」【北海道新聞】

オバマ米大統領がきのう、広島を訪問した。原爆投下から71年。米国の現職大統領が初めて被爆地を訪れた歴史的な日となった。平和記念公園でオバマ氏は「広島、長崎への原爆投下により、第2次大戦は残酷な終焉(しゅうえん)を迎えた」と所感を述べ、すべての原爆死没者を追悼し、核兵器廃絶への決意をあらためて表・・・[続きを読む]

「社説」【河北新報】

バラク・オバマの名が歴史に刻まれることは間違いないだろう。戦後71年、日本に原爆を投下した米国の現職大統領による初の被爆地・広島訪問がきのう実現した。オバマ大統領が平和記念公園の原爆慰霊碑の前で何を語るのか。全世界から注目された所感は格調高く、予想以上に長かった。広島、長崎だけでなく第2次世界・・・[続きを読む]

「社説」【東奥日報】

オバマ米大統領が現職米大統領として初めて被爆地広島を訪れた。「自分と同じ思いを誰にも二度とさせたくない」。そう願い、核廃絶を訴え続けた被爆者や賛同する日本の市民の思いを、原爆投下国のトップが誠実に受けとめた結果といえる。一人の人間として被爆の実相に直接触れてほしい。謝罪はともかく、核という非人・・・[続きを読む]

「時評」【デーリー東北】

米大統領広島訪問核軍縮に「任期」はない(5月28日)米国のオバマ大統領が現職の大統領としては初めて、被爆地広島を訪問、平和記念公園で原爆慰霊碑に献花した後に所感を述べ、「核兵器なき世界」への決意をあらためて表明した。米国には依然、戦争終結を早めたとして原爆投下を正当化する意見が多い中で、広島を訪れ・・・[続きを読む]

「社説」【秋田魁新報】

1945年8月6日午前8時15分、人類史上初めて実戦使用された原子爆弾がさく裂した。米軍のB29爆撃機「エノラ・ゲイ」が投下した原爆によって広島市の広範囲が瞬時に壊滅状態となった。3日後の8月9日には長崎市にも原爆が投下された。同年末までの死者は広島で約14万人、長崎では約7万4千人に上った。・・・[続きを読む]

「論説」【岩手日報】

オバマ米大統領が27日、広島の土を踏んだ。歴史的な一歩だが、これは新たな出発点にすぎない。「核兵器なき世界」を再び前進させる行動を期待する。人類史上初めて原爆を投下した米国の現職大統領が被爆地を訪れるまで、実に71年という歳月を必要とした。この間、核をめぐって二つの時間が流れていた。一つは、核・・・[続きを読む]

「論説」【福島民報】

【米大統領広島訪問】核廃絶へのうねりに(5月28日)オバマ米大統領が現職の米大統領として初めて被爆地・広島を訪問した。遅きに失した感は拭えないが英断と評価したい。原爆投下への謝罪はなかったものの、「人類が自らを破壊するすべを手に入れたことを実証した。きのこ雲が人類の根本的な矛盾を想起させた。罪・・・[続きを読む]

「社説」【福島民友新聞】

戦後71年がたち、現職の米大統領が、被爆地を初めて訪問した。「5・27」。「核なき世界」へ、人類が着実に歩みだす新たな誓いの日としたい。主要国首脳会議(伊勢志摩サミット)に出席したオバマ米大統領の広島訪問が実現した。人類史上初めて核兵器を実戦使用した国のトップが、核廃絶を訴え続けてきた被爆者の・・・[続きを読む]

上ページへ

2016年(平成28年)05月28日(土曜日)

「論説」【茨城新聞】

オバマ米大統領が現職米大統領として初めて被爆地広島を訪れた。「自分と同じ思いを誰にも二度とさせたくない」。そう願い、核廃絶を訴え続けた被爆者やこれに賛同する日本の市民の思いを、原爆を投下した国のトップが誠実に受けとめた結果と言える。オバマ氏の原爆慰霊碑への献花や所感表明に立ち会った被爆者の田中・・・[続きを読む]

「社説」【千葉日報】

安倍首相が掲げる今後10年間の政策「1億総活躍プラン」が明らかになった。少子高齢化を最重要課題に位置付け、非正規労働者と正社員の賃金格差縮小や働き過ぎの是正、保育や介護現場の待遇改善を盛り込むなど、“働き方改革”を柱とした内容に県内関係者からも異論はなかった。ただ内容的には不十分で、再増税やア・・・[続きを読む]

「社説」【信濃毎日新聞】

米国のオバマ大統領が被爆地の広島を初めて訪問した。平和記念公園では7年前にプラハで提唱した「核兵器なき世界」実現への意欲を改めて表明している。核兵器のむごさを語りながら、原爆投下の是非や、核兵器を削減するための具体策に関しては語らなかった。物足りなさを感じた人も多いのではないか。とはいえ、人類・・・[続きを読む]

「社説」【新潟日報】

大統領広島訪問核廃絶の実現につなげて歴史的訪問を「セレモニー」に終わらせることなく、核のない世界の実現につなげてほしい。オバマ米大統領が27日、現職の米大統領として初めて広島市の平和記念公園を訪れた。オバマ氏は原爆資料館を見学後に原爆慰霊碑に献花し、「核兵器なき世界」への決意を表明した。さらに・・・[続きを読む]

上ページへ

2016年(平成28年)05月28日(土曜日)

「社説」【中日新聞】

原爆を投下した米国の大統領が被爆地を訪れたのは、歴史的な行動である。広島への思いを、直接語った。世界は核廃絶に進まなくてはならない。オバマ米大統領は広島の平和記念公園で演説した。原爆について「空から死が降ってきて、世界は変わった」と語り始め、「光線と火の壁が街を破壊した。人類は自らを破壊する手・・・[続きを読む]

「社説」【北國新聞】

オバマ氏広島訪問核保有の「正義」崩す一歩に広島市の平和記念公園で、献花するオバマ米大統領の横顔が印象的だった。威厳を保ちながらも、穏やかで悲しげにも見えた。直接的な謝罪の言葉はなかったが、原爆ドームを望む象徴的な場所に立ち、死者を悼む姿は、ただそれだけで胸を打つ光景だった。米国には広島、長崎へ・・・[続きを読む]

「論説」【福井新聞】

【論説】人類史上初めて核兵器を実戦使用した米国。その71年後、「核兵器のない世界」を叫び続けるノーベル平和賞受賞者オバマ米大統領は、広島の「現場」に立ち何を感じただろう。被爆者たちはこう思っているのではないだろうか。「オバマさんには謝罪してもらわなくてもいい。でも、あの原爆投下は間違いだったと・・・[続きを読む]

上ページへ

2016年(平成28年)05月28日(土曜日)

「社説」【京都新聞】

現職の米国大統領として初めてオバマ氏が広島を訪ねた。核なき世界を掲げ、ノーベル平和賞を受賞して7年、広島訪問にこぎつけた勇気と決断を高く評価したい。被爆の実相と核兵器の非人道性に世界があらためて気づき、核廃絶への一里塚になることを願う。オバマ氏は原爆資料館を視察したあと原爆慰霊碑で献花し、演説・・・[続きを読む]

「社説」【神戸新聞】

現職の米大統領として初めて、オバマ氏が被爆地・広島の地に立った。核廃絶を願う全ての人々がこの日を待ち望んでいた。平和記念公園で所感を述べたオバマ氏は、71年前の悲劇に触れ、「米国など核保有国が核なき世界を追求する勇気を持たなければならない」と述べた。「広島、長崎を核戦争の始まりでなく、人類の道・・・[続きを読む]

「金曜時評」【奈良新聞】

奈良市の新斎苑(火葬場)建設事業が先行き不透明感を増している。仲川元庸市長は同市横井町の山林を計画地として事業推進に意欲を示すが、市議会には同計画地について問題点を指摘する声が強くあり、見直しに応じない市長と対立。両者の主張は平行線のまま、かみ合わない議論が続いている。膠着(こうちゃく)状態を打開し・・・[続きを読む]

「論」【紀伊民報】

日本各地で地震、津波、台風、土砂災害など大規模な災害が相次いでいる。県内でも東海・東南海・南海の3連動地震や南海トラフ巨大地震の心配がある。台風や水害などにも備えが必要だ。しかし、対策を行政だけに頼るには限界がある。想定を超える揺れが相次いだ熊本地震をはじめ、これまでの大災害では公助には限界が・・・[続きを読む]

上ページへ

2016年(平成28年)05月28日(土曜日)

「社説」【山陽新聞】

核兵器による人類初の被爆地に新たな歴史のページが加わった。米国のオバマ大統領が、現職大統領として初めて広島市の平和記念公園を訪れ、原爆慰霊碑に献花した。原爆投下から71年。加害国のトップがようやく被爆地に足を踏み入れた。遅きに失したとはいえ、核廃絶という理想の実現へ向けた一歩として評価したい。・・・[続きを読む]

「社説」【中国新聞】

オバマ大統領と広島核兵器廃絶の出発点に2016/5/28ついに、この日が訪れた。原爆を落とした米国の現職大統領が被爆地広島に立った。平和記念公園に滞在したのは1時間足らずとはいえ、私たちにとってそれ自体が大きな意味を持つ。71年近い歳月を経て、オバマ大統領と対面した被爆者たちからも万感の思いが見て取れた。・・・[続きを読む]

「論説」【山陰中央新報】

オバマ米大統領が現職米大統領として初めて被爆地広島を訪れた。「自分と同じ思いを、誰にも二度とさせたくない」。そう願い続け、核廃絶を訴えた被爆者や、これに強く賛同する日本の市民の思いを、原爆を投下した国のトップが誠実に受け止めた結果と言える。オバマ氏の原爆慰霊碑への献花や所感表明に立ち会った被爆・・・[続きを読む]

「社説」【愛媛新聞】

現職米大統領として初めて、オバマ氏が広島を訪れ、「核兵器なき世界を追求する勇気を持たなければならない」との所感を表明した。核兵器を使用した世界唯一の国であり、今もなお核保有大国のトップが被爆地から世界に向けて発した「約束」は重い。この日に立ち会った日本もまた、米国とともに歩む責務がある。核廃絶・・・[続きを読む]

「社説」【徳島新聞】

「10万人を超える日本の男性、女性、子どもたち、多くの朝鮮半島出身者、そして捕虜の米国人を含む犠牲者を追悼するために広島に来た」。オバマ米大統領の所感を聞いて被爆地・広島の空を見上げた人もいたのではないか。核廃絶を訴える声は、亡き被爆者に届いただろうかと。広島市の平和記念公園を訪れたオバマ氏は・・・[続きを読む]

「社説」【高知新聞】

オバマ米大統領がきのう広島市を訪問し、平和記念公園で献花した。同時に「核兵器なき世界」への決意を表明した。唯一原爆を投下した国の現職大統領として、初めて被爆地に立った。核廃絶運動の歴史に新しいページを開いたといえる。原爆投下を巡っては、戦後71年を経てなお、日米双方に複雑な感情がある。オバマ氏・・・[続きを読む]

上ページへ

2016年(平成28年)05月28日(土曜日)

「社説」【西日本新聞】

それは感動的な光景だった。オバマ米大統領がきのう、71年前に原爆を投下した国の指導者として初めて広島の平和記念公園を訪れ、「核の業火」をその身で体験した被爆者と抱き合った。戦後一貫して核廃絶を訴えてきた広島・長崎の被爆者にとって、忘れえぬ一日となっただろう。もちろん、感動だけで終わらせてはなら・・・[続きを読む]

「社説」【宮崎日日新聞】

◆核なき世界へ行動する時だ◆71年前に原爆を投下した国のトップが、被爆地・広島にその足で立ち、何を感じ、何を語るのか-。現職の米大統領として初めて広島を訪れることになり、注目されたオバマ氏の「言葉」。「空から死が落ちてきて、世界は変わった」という一節で始まった「所感」は、原爆によって命や日常を奪・・・[続きを読む]

「論説」【佐賀新聞】

オバマ氏広島訪問「核なき世界」へ踏みだそう2016年05月28日05時00分米オバマ大統領が被爆地・広島で慰霊碑に献花した。惨禍を生き抜いた被爆者たちが見守る中、オバマ氏は「核なき世界」という理想を目指す決意を、世界に向けて示した。被爆者にとって、どれほど待ち続けた瞬間だっただろうか。原爆を投下した当事国の大・・・[続きを読む]

「社説」【南日本新聞】

「広島、長崎への原爆投下により、第2次世界大戦は残酷な終焉(しゅうえん)を迎えた」「原爆投下で死亡した10万人以上の日本人、多くの朝鮮半島出身の人々、米国人捕虜を追悼するため広島に来た」「私が生きている間には達成できないかもしれないが、核なき世界の可能性を追い求めていく」オバマ米大統領が、被爆・・・[続きを読む]

「社説」【琉球新報】

人体は昼夜、四季の変化の宇宙のリズムに対して、交感・副交感の自律神経、エネルギー消費・蓄積ホルモンの働きが、活動・休息のリズムに同調している。さらに社会生活による精神的ストレスや過労などの負担がかかり、自律神経やホルモンのバランスを崩し、体調不良の原因となる。女性の場合は男性にはない妊娠・出産・・・[続きを読む]

「社説」【沖縄タイムス】

オバマ米大統領が27日夕、広島を訪れた。人類史上初めて原爆を投下した国の現職大統領が被爆地の土を踏んだ意義は大きい。»「核なき世界へ勇気を」オバマ米大統領、広島で追悼原爆慰霊碑に献花した後、被爆者らを前にした所感でオバマ氏は「私の国のように核を貯蔵している国々は、恐怖の論理から逃れ、核兵器・・・[続きを読む]