47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  埼玉 >  住宅火災、施錠された浴室に男性遺体 胸や腹などに刺し傷、手首にも切り傷 自殺、事件の両面で捜査/加須

 9日正午ごろ、加須市騎西の男性(70)方から出火、木造平屋住宅を焼き、浴室から男性1人の遺体が発見された。同居している長男(42)と連絡が取れなくなっており、加須署で遺体は長男の可能性があるとみて、遺体の身元と出火原因を調べている。  同署によると、男性方は3人暮らし。出火当時、男性と妻(70)は出掛けていて、長男が1人でいたとみられている。男性の遺体には、胸や腹など数カ所に刺し傷があり、左手首に切り傷もあった。浴室は施錠されていた。同署は自殺、事件の両面で調べている。<…     [記事全文]

2017/11/10 00:00 【埼玉新聞】