47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  沖縄 >  初対面で「意思伝わる」17% 聴覚障がい者、健常者との疎通課題

 沖縄県が聴覚障がい者を対象に実施したアンケートで、初めて会う健常者に自分の言いたいことを「全て伝えられる」「ほとんど伝えられる」と回答した割合は、計17・6%にとどまったことが分かった。10日に那覇市で行われた「県手話施策推進協議会」で報告があった。県が聴覚障がい者に生活状況を尋ねるアンケートを実施したのは初めて。聴覚障がい者が日常生活で、健常者との意思の疎通に課題を抱えている実態が浮き彫りになった。 手話通訳者派遣など市町村の事業の利用状況から、各市町村が対象者を抽出した。昨年12月1…     [記事全文]

2017/11/11 11:16 【琉球新報】