47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  沖縄 >  <社説>ICAN平和賞受賞 核依存脱却につなげよう

 2017年のノーベル平和賞はスイス・ジュネーブに拠点を置く国際非政府組織(NGO)、核兵器廃絶国際キャンペーン(ICAN)に授与されることが決まった。 米国、ロシアなど核保有大国の軍縮停滞、北朝鮮に象徴される核拡散の脅威など、ノーベル賞委員会が授賞理由で「核が使用されるリスクがこれまでになく高い世界」にある今、核廃絶を追求するICANの受賞を歓迎したい。 ICANの平和賞受賞は同時に、核に依存した安全保障政策から脱却しようとノーベル賞委員会が世界に発したメッセージでもある。唯一の被爆国で…     [記事全文]

2017/10/08 06:01 【琉球新報】