47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  沖縄 >  沖縄の子ども30%が貧困 全国の2倍 就学援助も周知足りず 

 沖縄県内の子どもの貧困率が29・9%に上ることが29日、都道府県で初めてとなる県の調査で分かった。2012年時点の全国平均16・3%の約2倍。子どもの3人に1人が貧困状態に置かれていることになり、県内の深刻な状況があらためて浮き彫りになった。ひとり親世帯の貧困率は58・9%で、全国を4・3ポイント上回った。 小中学生と保護者のアンケートでは、経済的に厳しい家庭に学用品や給食費を補助する就学援助の周知が足りず、必要な世帯に行き届いていない実態も明らかになった。 貧困層で就学援助を受けていな…     [記事全文]

2016/01/30 11:30 【沖縄タイムス】