47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  岡山 >  ロコモティブ症候群の予防法は

 骨や関節、筋肉など運動器の衰えが原因で日常生活に影響を及ぼす「ロコモティブシンドローム(運動器症候群、略称・ロコモ)」。腰痛、膝痛などの症状が現れ、放置すると、介護が必要になるリスクが高いとされる。運動やバランスの取れた食生活を心掛け、ロコモを予防することが大切だ。骨と関節の日(8日)を前に、岡山大病院整形外科助教の鉄永倫子医師(38)に日常生活で取り組める予防法、最新の治療法などを聞いた。 —ロコモの人は予備軍を含め、全国で4700万人と推計される。 患者は男性より女性の方がやや多い。…     [記事全文]

2017/10/07 08:32 【山陽新聞】 

 最新ニュース
記事一覧