47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  大分 >  陣営てんてこ舞い 公示まであと3日

 衆院選の公示まであと3日に迫り、大分県内で立候補を予定している各陣営は準備に追われている。突然の解散風からわずか半月余り。「時間はないが、やるしかない」。新党発足や野党再編などで情勢は目まぐるしく変わり、事務所スタッフはてんてこ舞いだ。 「これだけバタバタするのは初めてです」。希望の党から出馬する民進系前職の陣営幹部は汗を拭った。 民進党の事実上の解党で、党名入りの印刷物は全て使えなくなった。準備した選挙用のはがきは黒く塗りつぶし、「民進」のロゴを消した。車に記した党名はマグネットシート…     [記事全文]

2017/10/07 15:31 【大分合同新聞】 

 最新ニュース