47NEWS >  各地のニュース >  都道府県 >  大分 >  県職員の給与改定 4年連続「プラス」

 県人事委員会(石井久子委員長)は6日、本年度の県職員の月給を平均0・24%、民間企業のボーナスに当たる期末・勤勉手当の年間支給月数(現行4・30カ月)を0・1カ月分それぞれ引き上げるよう、広瀬勝貞知事と井上伸史県議会議長に勧告した。民間企業の給与水準との開きを考慮した判断で、月給、ボーナスとも4年連続のプラス改定となった。 県人事委事務局によると、4年連続で引き上げを勧告するのは1965年以来、52年ぶりとなる。 対象は県職員、教員、警察官ら1万5453人。勧告通りに改定した場合、月給と…     [記事全文]

2017/10/07 03:01 【大分合同新聞】 

 最新ニュース
記事一覧