47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  歴史・伝統

おでかけ

歴史・伝統

里山から宅地へ 激変期の仙台描写 地質学者・渡辺萬次郎スケッチ展

 仙台市で晩年を過ごした地質学者渡辺萬次郎(1891~1980年)が、高度経済成長期の市郊外を描いたスケッチを紹介する回顧展「萬次郎さんの仙台風景スケッチ」が9月8~24日、青葉区大町のイベントスペース「東北リサーチとアートセンター」である。大規模宅地開発前後の仙台の様子が分かる貴重な資料となってい…[続き]

2017/08/21 【河北新報】

ままごとの歴史紹介 歴史民俗資料館で企画展、27日まで

 福島県三春町歴史民俗資料館で27日まで、夏季企画展「ままごとあそびの世界」が開かれ、来場者が子どもたちの遊びの歴史を学んでいる。  江戸末期から昭和初期ごろにかけての遊び道具を展示。木地玩具や姉様人形、雛(ひな)道具、土人形、すごろく、初期のリカちゃん人形などが並んでいる。 …[続き]

2017/08/21 【福島民友新聞】

開幕15日で1万人突破 「かがわ生命のミュージアム」展

 香川県立ミュージアム(高松市玉藻町)で開かれている特別展「かがわ生命(いのち)のミュージアム~感じて!進化の歴史とふしぎ~」(県主催、四国新聞社など共催)の来場者が20日、1万人を突破し、節目の来場者に記念品が贈られた。8月5日の開幕から休館日を除き15日目での達成となり、2008年の同ミュージア…[続き]

2017/08/21 【四国新聞】

「緑十字機」の歴史顕彰 記念看板お披露目 磐田

 磐田市の鮫島海岸で20日、1945年8月20日に同海岸に不時着した軍用機「緑十字機」の歴史を顕彰する式典が開かれ、地元住民グループが設置した記念看板が披露された。  緑十字機は太平洋戦争の降伏受理協議のためフィリピンに向かう代表団を千葉から沖縄まで運んだ2機の飛行機。うち1機は帰りに燃料切れで同海…[続き]

2017/08/21 【静岡新聞】

幕末の英雄「書」展示 静岡・駿府博物館、「三舟」など30点

 静岡市駿河区登呂の駿府博物館で19日、大政奉還から150周年を記念する企画展「幕末維新 英雄たちの書~徳川慶喜、勝海舟、山岡鉄舟、他~」(同館、静岡新聞社・静岡放送主催)が始まった。11月19日まで。  同館の所蔵品から、幕末から明治にかけて活躍した人物の書を中心に30点を展示した。江戸城無血開城…[続き]

2017/08/20 【静岡新聞】

時代を越え一瞬の邂逅? トランスイート四季島と甲冑武者

 ◇…JR東日本の豪華寝台列車「トランスイート四季島(しきしま)」の営業運行に合わせ、大崎市のJR岩出山駅で17日夜、甲冑(かっちゅう)姿の武者が地元の岩出山をPRした。  ◇…仙台藩祖伊達政宗が居城を構えた地をアピールしようと、列車に向かい、子どもを含む12人の武者が盛んにうちわを振った。  ◇……[続き]

2017/08/19 【河北新報】

天鏡閣と絵画「共演」 猪苗代で日本画院・ゆずの会展、24日まで

 全国公募の日本画団体日本画院の「第3回日本画院・ゆずの会展」は18日、福島県猪苗代町の国指定重要文化財・天鏡閣で始まった。猪苗代湖を見渡せる皇族ゆかりの洋館に美しい日本画が飾られ、文化財と芸術の"共演"が来場者を楽しませている。24日まで。  日本画院・ゆずの会と県観光物産協会の共催。県内外の日本…[続き]

2017/08/19 【福島民友新聞】

野口英世の恩師、小林栄の貴重な資料展示 27日まで猪苗代

 日本を代表する細菌学者野口英世の恩師、小林栄の功績を初公開資料などを通して紹介する「小林栄展」が17日、猪苗代町図書歴史情報館和みいなで始まった。入場無料。…[続き]

2017/08/18 【福島民友新聞】

かんなべ浪漫街道 夢街道に認定

 中国地方整備局などが認定する「夢街道ルネサンス」に、福山市で初めて神辺町の「かんなべ浪漫街道」が選ばれた。神辺本陣や廉塾など、町内に豊富な歴史資源を生かしたまちづくりへ弾みとなりそうだ。  備後国分寺が建てられるなど古くから文化の中心地で、西国街道、石見銀山街道が交差していた神辺町。「浪漫街道」…[続き]

2017/08/18 【中国新聞】

石見銀山展の来場者2万人に

 石見銀山遺跡(島根県大田市)の世界遺産登録10周年を記念し、島根県立古代出雲歴史博物館(出雲市大社町杵築東)と石見銀山資料館(大田市大森町)で開催中の特別展「石見銀山展-銀が世界を変えた-」の入場者が17日、2万人に達し、節目の来場者となった兵庫県三木市の高校3年生、北村彩羽さん(17)に同資料館…[続き]

2017/08/18 【山陰中央新報】