47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  環境・健康

おでかけ

環境・健康

高知県四万十町の次世代園芸団地が好発進

 農業大国オランダの環境制御技術を導入した高知県高岡郡四万十町本堂の「次世代施設園芸団地」が、5月で開設1年を迎える。ハウスでは養液栽培でトマトを育成し、2016年9月の初収穫後、3月までの7カ月で約950トンの高収量を上げた。上々の滑り出しに関係者も手応えをつかんでいる。  温度や湿度などの自動…[続き]

2017/04/25 【高知新聞】

「あだたら山ロープウェイ」 運行開始  登山客らが自然を満喫

 福島県二本松市奥岳温泉の富士急安達太良観光(稲葉通彦社長)が安達太良山麓で運行する「あだたら山ロープウェイ」は22日、グリーンシーズンの運行を開始し、利用した登山客らが残雪の安達太良山の自然を満喫した。…[続き]

2017/04/23 【福島民友新聞】

飯野山に登ろう 22日から「マウンテンウイーク」

 香川県の丸亀、坂出両市にまたがる飯野山で22日から「讃岐富士マウンテンウイーク2017」が始まる。28日まで両市内の菓子店やホテルなどで特別割引が受けられる。  飯野山の標高422メートルにちなみ、丸亀市観光協会が2010年に22日を「讃岐富士の日」と定め、坂出市観光協会とともに毎年開催している。…[続き]

2017/04/22 【四国新聞】

地域の自然愛そう 宇佐市で観察教室150回超える

 宇佐市内に生息する野鳥や植物などを知ってもらおうと「宇佐自然と親しむ会」(大塚政雄会長)は自然観察教室を毎月、開いている。14年前から活動を始め、開催回数は150回を超えた。大塚会長は「自然に興味を持ち、地域への愛着を持ってもらえるような活動を続けたい」と話している。   宇佐自然と親しむ会は2…[続き]

2017/04/20 【大分合同新聞】

「アースデイ」種の交換会も 名護で23日

 【名護】「アースデイやんばる」が23日、名護市のSunctuary-Voidで開催される。午前11時からで、入場無料。…[続き]

2017/04/19 【琉球新報】

熊本地震、学生らの支援紹介 京都・佛大でパネル展

 発生から1年となった熊本地震の被災地の状況を撮影したパネル展が京都市北区の佛教大の礼拝堂で開かれている。熊本県で支援活動に取り組んだ学生たちの様子など約50枚の写真を展示している。…[続き]

2017/04/17 【京都新聞】

米国テーマの砂像19作品 鳥取

 鳥取市の「砂の美術館」で15日、「砂で世界旅行 アメリカ編」と題した展示会が開幕する。9カ国19人の砂像彫刻家が、鳥取砂丘の砂で制作した大作が並ぶ。来年1月3日まで。  10期目を迎えた本年度は砂像発祥の地とされる米国がテーマ。映画産業を題材にした高さ4・8メートルの作品は「HOLLYWOOD(…[続き]

2017/04/15 【中国新聞】

圧巻8メートルの雪壁散策 知床横断道で「ウォーク」

 【羅臼、斜里】大型連休前の開通を目指して除雪作業を進めている知床横断道路(国道334号)を歩く「知床雪壁ウォーク2017」(実行委主催)が9日、羅臼町とオホーツク管内斜里町の二つのルートで行われた。  今年で12回目。往復約10キロの羅臼側のコースには、タイからツアーで訪れた15人を含め道内外か…[続き]

2017/04/12 【北海道新聞】

登山家・田部井淳子さんに思い巡らせ 三春で「メモリアル展」

 女性として世界で初めてエベレスト登頂を果たし、昨年10月に亡くなった登山家の田部井淳子さんのメモリアル展は10日、三春町の三春交流館まほらで開幕した。…[続き]

2017/04/11 【福島民友新聞】

奥出雲「たたら風土記」の魅力体感 日帰りツアー

 島根県奥出雲観光文化協会は、日本遺産に認定された「出雲國たたら風土記」の魅力を伝える日帰りツアーを4月から実施する。たたら製鉄の原料・砂鉄を採った、鉄穴(かんな)流しの跡に開かれた棚田を見たり、国の重要文化財に指定されている櫻井家邸宅で抹茶を味わったりして、たたらがもたらした産業や文化の広がりを体…[続き]

2017/04/07 【山陰中央新報】