47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  乗り物

おでかけ

乗り物

飯坂電車...四季感じる「新型1000系車両」 4月1日運行開始

 福島交通は24日、4月1日に導入する飯坂線(福島市)新型1000系車両を報道陣に公開した。新型車両は歴史、花、未来などを表現した茶、桃、金色のラインが入ったレトロな外観で、特製の「いい電」ヘッドマークも取り付けた。 …[続き]

2017/03/25 【福島民友新聞】

野辺山駅記念入場券をリニューアル 信州DCに合わせ

 JR東日本長野支社は4月22日から、JR最高地点駅の小海線野辺山駅(南佐久郡南牧村)の記念入場券をリニューアルする。台紙デザインを星空をイメージして一新し、日付入りスタンプを自分で押せる記念券もセットにした。  7月から始まる大型観光事業「信州デスティネーションキャンペーン(DC)」に合わせて企画…[続き]

2017/03/25 【信濃毎日新聞】

ラッピングカーで信州観光をPR 観光列車のデザインなど

 ジェイアールバス関東(東京)、ジェイアール東日本レンタリース(同)は24日、県内を走る観光列車のデザインを取り入れた高速バス1台、レンタカー2台を長野市内でお披露目した。JRグループや県内自治体などが7〜9月に展開する大型誘客事業の信州デスティネーションキャンペーン(DC)に向け、「ラッピングカー…[続き]

2017/03/25 【信濃毎日新聞】

日高神鍋高原IC25日開通 26日に記念の催し

 兵庫県豊岡市初のインターチェンジ(IC)となる、北近畿豊岡自動車道の日高神鍋高原ICが25日開通する。地域活性化への期待も高まっており、同市日高町の道の駅「神鍋高原」は26日、記念イベントを開く。この日に合わせて作られた限定の「記念切符」や、地元パン屋が開発した新作パンも登場する。(秋山亮太) …[続き]

2017/03/24 【神戸新聞】

山形市の東部循環バス、7月“出発” 駅前・中心街~市立図書館など結ぶ

 山形市は、人口密度が高い同市東部で、7月から新たに「コミュニティバス東部循環線」の運行を始める。JR山形駅前や市役所の中心市街地と、市立図書館や山形大などを結び、市民の利便性を向上させる。  新設する路線の運行距離は約11キロで、山形駅東口を起点に小姓町、東原町、小白川町、あこや町、小荷駄町、…[続き]

2017/03/23 【山形新聞】

頑張るょ除雪!磐梯吾妻スカイライン 春の再開通へ作業本格化

 冬季通行止め中の磐梯吾妻スカイライン(福島市、猪苗代町)で、春の再開通に向けた除雪作業が本格化している。県が22日に作業を公開した。  県北建設事務所によると、現在の積雪量は2月以降の降雪の影響で高湯側では4メートルを超える場所もあり、例年を上回る。4月上旬の再開通を目指して1日に除雪が始まり、こ…[続き]

2017/03/23 【福島民友新聞】

北陸道・小谷城スマートIC、25日に開通 滋賀・長浜

 滋賀県長浜市の北陸自動車道「小谷城スマートインターチェンジ(IC)」が25日午後3時に開通する。ETC(自動料金収受システム)専用のスマートICは県内3カ所目、市内のICとしても3カ所目。開通によって産業面で今後、農家ら生産者が加工から販売まで携わる「6次産業化」に期待が掛かり、観光面や防災面でも…[続き]

2017/03/23 【京都新聞】

風、心地よく 沼津「我入道の渡し船」運航開始

 木造和船で沼津市の狩野川河口部を行き来する「我入道の渡し船」が20日、ことしの運航を開始し、我入道渡船場で記念式典を開いた。春らしい陽気の中、観光客や地域住民が風を受けながら船上からの景色を堪能した。  先着30人に無料乗船券を配布し、参加者は船頭歴20年のベテラン川口安次さん(77)が櫓(ろ)を…[続き]

2017/03/21 【静岡新聞】

上田巡り、自転車で 要望受け開始2週間前倒し

 上田市は、観光客や市民に無料で自転車を貸し出す今年の「まちなかレンタサイクル」を始めた。昨年は同市ゆかりの戦国武将・真田信繁(幸村)の生涯を描いたNHK大河ドラマ「真田丸」の放送があったことから、利用客数が過去最多に上った。今年も問い合わせが多く寄せられており、例年4月初めの貸し出し開始を昨年に続…[続き]

2017/03/21 【信濃毎日新聞】

笑顔乗せ 貴婦人80歳 SLやまぐち号今季運行開始

 JR山口線の新山口-津和野間を走る蒸気機関車「SLやまぐち号」の今季の運行が19日、始まった。「貴婦人」の愛称で親しまれる機関車C57-1号機は1937年3月22日の製造で「満80歳」。特製のヘッドマークが付けられ、島根県津和野町駅後田のJR津和野駅のホームでは、観光客らが盛んにカメラのシャッター…[続き]

2017/03/20 【山陰中央新報】