47NEWS >  地域ニュース >  おでかけ >  乗り物

おでかけ

乗り物

小諸巡る貸し切り車両 温泉施設やワイナリーへ

 小諸市の一般社団法人「こもろ観光局」は、貸し切りの車で市内の観光地を回る「小諸めぐりツアー」を試験的に始めた。電車で訪れた観光客らに、観光地を訪れる「二次交通」として使ってもらう狙い。11月までの毎週日曜に運行。乗客らの要望を踏まえ、来年度から本格運行する。  市などが運行する定員9人の予約制相乗…[続き]

2017/08/21 【信濃毎日新聞】

妖怪電車、薄暗い車内に悲鳴と歓声 京都・嵐電

 妖怪が出没する演出で人気の「嵐電妖怪電車」が11日、京都市内の京福電鉄嵐山線で始まった。薄暗い車内を妖怪がそぞろ歩き、乗客は歓声や悲鳴を上げてひとときの「涼気」を楽しんだ。…[続き]

2017/08/12 【京都新聞】

リゾート列車「雪月花」新潟駅へ 初の営業運転

 えちごトキめき鉄道(上越市)のリゾート列車「雪月花」が11月23日、上越妙高-新潟間を初めて営業運行する。同区間のJR信越線が、ことし開通120周年を迎えるのを記念し、JR東日本が旅行商品として企画した。  当日は午後0時14分に上越妙高駅を出発し、信越線を通って同3時27分に新潟駅に到着予定。…[続き]

2017/08/10 【新潟日報】

キックバイク体験コース 伊那で12日開業

 伊那市は、同市西箕輪のはびろ農業公園みはらしファームに、ペダルのない幼児用自転車「キックバイク」の体験コース「のってみらっし」を整備し、9日、現地で式典を開いた。近くの西箕輪保育園の年長園児43人が招かれ、早速楽しんだ。同公園の管理組合が運営し、12日に開業する。  コースは初心者用と中上級者用の…[続き]

2017/08/10 【信濃毎日新聞】

東御周遊バス、試験運行へ ワインや地ビール楽しんで

 東御市内のワイナリー(醸造所)や観光名所を巡る市の周遊バスの名前が「まるっと信州とうみ号」に決まった。9〜11月に40日間試験運行し、施設の割引サービスなども検討中。ワイン産地をPRするため、自家用車利用にはない旅の楽しみ方を提案する。  地域の魅力を「丸ごと」知ってほしいとの願いを込めて命名した…[続き]

2017/08/09 【信濃毎日新聞】

熱気球で「空中散歩」 リステルパーク人気、会津の眺望楽しむ

 猪苗代町のリステルパーク夏恒例のレジャーメニュー、熱気球の係留フライトが人気を集め、家族連れらが爽やかな空中散歩を楽しんでいる。…[続き]

2017/08/07 【福島民友新聞】

機関車「桃太郎」デビュー前展示 京都鉄道博物館

 現役の貨物列車の機関車と貨車の特別展示が6日、京都市下京区の京都鉄道博物館で始まった。展示スペースの車両工場に引き入れる様子が公開され、大勢の鉄道ファンや親子連れが動く車両を間近で体感した。…[続き]

2017/08/07 【京都新聞】

萩・石見空港、夏季限定の大阪線

 萩・石見空港(益田市)の夏季限定の大阪線運航が4日、始まった。21日までの18日間、74人乗りのプロペラ機が1日1往復する。  初日は、周辺市町などでつくる同空港利用拡大推進協議会のメンバーたち14人が、出発と到着の計90人に特産のゆずドレッシングや、わかめ茶漬けなどをプレゼント。さらなる利用を…[続き]

2017/08/06 【中国新聞】

オリジナルPRカードで観光振興

 井笠地域の自治体や鉄道事業者が、オリジナルPRカードを作り、配布している。岡山県矢掛町は地域色豊かなマンホールのふたを紹介する「マンホールカード」、第三セクター井原鉄道(井原市)は車両の写真入り「鉄カード」を発行。いずれも1日に配り始め、観光や鉄道利用を促している。  2種類とも縦8・7センチ、…[続き]

2017/08/06 【中国新聞】

500円でケーブルなど乗り放題 六甲・摩耶山で実験

 神戸市は21~25日、同市灘区の市街地と摩耶山とを結ぶ「まやビューライン」と、六甲山頂-有馬温泉間の「六甲有馬ロープウェー」を500円(中学生以上)で1日乗り放題とする社会実験をする。通常はそれぞれ往復で1500円以上かかる。昨年は同時期に無料にして人気を集めており、ワンコイン化による収支や集客効…[続き]

2017/08/05 【神戸新聞】